キャロットオイルの効果と効能、作用について

キサントフィルの効果と効能、作用について
2018年3月26日
クランベリーの効果と効能、作用について
2018年3月26日

キャロットオイルは、セリ科の野菜から抽出された天然のオイルのことです。

キャロットオイルの主な働きは、β-カロテンによる活性酸素の除去や、
ビタミンAによる成長の促進作用などがあります。

このため、肌を若々しく保つことができたり、シミやソバカス、シワなどを防ぐことができます。
こうした効果効能を得るために、適切なキャロットオイルの利用が必要となるのです。

キャロットは「カロテン」の語源となる植物で、「緑黄色野菜の王様」と呼ばれています。
古代ギリシャ時代には、すでに薬としてキャロットが栽培されていました。

キャロットには様々な品種があり、金時ニンジンや島ニンジン、紫ニンジンなどがあり、
12~13世紀ごろに東洋ニンジンが日本に渡来したとされています。
現在では、キャロットは野菜として様々な料理に用いられるほか、
キャロットオイルとしてスキンケア製品にも使われています。

キャロットオイルは活性酸素の除去や成長促進作用のほか、以下のような効果効能があります。

キャロットオイルの主な効果/効能/作用

・シミや、ソバカスを減らす(β-カロテンが活性酸素を除去するため)
・角質を防ぐ(ビタミンAが皮膚の粘膜の形成を助けるため)
・しわを予防する(抗酸化作用による皮膚の老化を防止するため)
・日焼けを予防する(皮膚の再生を促すため)

こうした働きのほか、キャロットオイルには、皮膚のかゆみを抑えるなどの働きがあります。
そのため、マッサージや、軟膏としてもキャロットオイルは利用できるのです。

このキャロットオイルによる副作用は報告されていないため、安心して利用することが出来ます。
ただし、ニンジンにアレルギー反応を持つ場合は使用に注意する必要があります。
また、利用中に肌に違和感を覚えた場合は皮膚科で相談することが大切です。

 

Share on Google+
Instagram

コメントを残す