プロバイオティクスがあなたの人生を変えるかも!?サプリの経過報告と子どもの腸活のススメ

プラセンタとローヤルゼリーのダブル効果でバストアップ&美肌の美ボディをめざそう
2019年6月20日
コラーゲンはバストアップに欠かせない!?コラーゲンで美バストをゲットしよう
2019年6月23日

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!ブリリアント美レポ隊のhpuriです♪

前回は子供用プロバイオティクスを実際に飲んだ感想をお伝えしました。
意外にもパウダータイプは飲みやすく、小さい子どもでも抵抗なく続けられると思います。

 

 

私がライフスペース社のプロバイオティクスサプリを飲み始めてからはや半年。
酷い風邪をひいたり病院にかかったりすることはなく、健康が保たれているなぁと実感しています (^∇^)

 

 

 

以前から「乳酸菌やビフィズス菌がからだに良い」ということは聞いたことがありました。
デザート感覚で毎日のようにヨーグルトを食べていましたが、正直何を食べても体調に良い変化を感じられなかったのです。

 

ヨーグルトには何種類もの善玉菌が含まれているわけではないため、本格的に腸活するならいろいろなメーカーの製品を食べるべきだったのかもしれません(^▽^;)

でも、プロバイオティクスサプリは違いました!
最初は腸活に対して半信半疑でしたが、徐々に効果を感じ始め、美容面でも健康面でも嬉しい変化が現れるように♪

 

 

 

女性用タイプ、ノーマルタイプ、子供用タイプと3種類のプロバイオティクスサプリを続けてみて、私が個人的に感じたことをまとめてみます。

 

・便秘の症状には比較的早い段階から効果を感じた
・継続していくうちに過敏性腸症候群も改善された
・子供用タイプは便秘よりも美肌やメンタルに効果を感じた
・商品配送の都合で飲むのを中断したら体調が悪化した
・風邪をひきにくくなった、アレルギーの症状が出にくくなった
・痩せやすく太りにくい体質になった、実際に痩せた
・肌荒れやニキビが出にくくなり肌の調子も良好
・飲み続ければ飲み続けるほど効果を感じやすい

 

総合的に順位を付けるとするなら、ノーマルタイプ≫女性用タイプ≫子供用タイプです。
ノーマルタイプが一番体調の変化を感じました。菌種と菌数の多さが関係しているかもしれません。

「腸内細菌は種類が多ければ多いほど良い」という専門家もいるくらいですし、あながち間違っていないような気がします。

 

とはいえ、続けることがもっとも大切なことじゃないかなと思います(^∇^)
皆さんもライフスペース社のプロバイオティクスサプリをいろいろ試してみて、どれがご自身に合うか検証してみてくださいね♪

もしかすると、プロバイオティクスがあなたの人生を大きく変えるきっかけになるかもしれませんよ!

 

 

 

からだや心の健康にとって“腸”が大切なのは大人も子どもも同じです。
むしろ、成長の段階にある子どものうちから腸内フローラを育てていくべきではないでしょうか♪

 

腸は「第二の脳」と呼ばれており、集中力ややる気、頭の回転などに影響すると考えられています。
従って、子どもの勉強への意欲や成績に関係するかもしれないということ!

 

その考え方の元になるのが脳腸相関。
脳と腸が互いに影響を与え合っている状態のことです。

例えば、神経伝達物質のドーパミンは脳の視床下部から分泌されますが、腸内細菌にはこのホルモンの産生を抑制する作用があるといいます。
ドーパミンは神経を興奮させる物質ですから増えすぎてもよくないのです。

 

また、気持ちを落ち着かせる神経伝達物質のセロトニンは、その8割が腸で作られるといわれています。
腸で産出されたセロトニンは、前駆体を介して脳に届けられるんだとか。

セロトニンは感情のコントロールや睡眠、呼吸、食欲などにかかわるホルモンです。
子どもの健やかな成長には欠かせないのは言うまでもありません(^∇^)

 

私は、今後もプロバイオティクスを続けていきたいと思います!

<参考商品>