月見草オイルで美肌をキープする!

月見草オイルサプリメントで得る美肌を保つ効果、ダイエットへの効能
2018年4月10日
月見草オイルでスキンケアへの効能や効果のまとめ
2018年4月10日

乾燥が進む冬こそ!月見草オイルで肌のうるおいをキープしよう

月見草オイルはスキンケアに効果的

月見草オイルはスキンケアにとても役立ちます。
月見草オイルは母乳と同じガンマリノレン酸が含まれており、肌荒れや乾燥などにもよい影響があるからです。
スキンケアの他にもヘアケア、マッサージ、料理などにも使うことができると書かれているので生活に取り入れやすいオイルだといえます。

スキンケアとして取り入れると肌の水分保持に高い効果があるので乾燥肌にとてもよい能力を発揮します。
肌を柔らかくしてうるおいを保つことができるので乾燥肌の人だけではなく赤ちゃんや敏感肌の人でも使うことが可能です。
メイク前に保湿をすることでメイクののりをよくしたいという人にもお勧めです。
またアンチエイジング効果があり、皮膚の炎症を抑えることができるので美肌に近づくことができます。

月見草オイルは健康食品としてもよい効果があることが知られています。
サプリメントで摂取することもできるほか、調理をするときにサラダのドレッシングや飲み物に入れる、ヨーグルトにかけるなど様々な方法があります。
体の外側と内側の両方から月見草オイルを取り入れることで肌をうるおいのある健康的なものにすることができるのです。
月見草オイルを乾燥に効果的な使い方を試してみるのもいいですよね。

月見草オイルは女性ホルモンの働きにも影響があるので上手に使うことで女性特有の体調不良などを改善することができます。
大人ニキビなどは乾燥が原因という場合もあるのでうるおいを保つことができる月見草オイルを使って保湿をすることで防ぐことができるようになります。
下記に書いていく記事を読んでどんなことから取り入れることができるのかを考えてみるのもいいでしょう。
できることから取り入れることで月見草オイルの効果を十分感じることができます。

月見草オイルで乾燥を防ぎうるおいを保つ

月見草オイルは乾燥やアトピー、湿疹や傷といった肌のトラブルによく使われています。
乾燥肌や敏感肌の人には特にうるおいを保つことができる成分としてよい影響を感じることができるでしょう。

月見草オイルを使って美容クリームを作る方法もあります。
たとえばフェイシャルオイルを作るときには月見草オイルを1滴から2滴、キャリアオイル10ミリリットルを用意しましょう。
ビーカーなどの容器にキャリアオイルを入れ、月見草オイルを入れてよく混ぜたら遮光性のあるビンなどに入れます。
月見草オイルは酸化しやすいので1回分の分量だけを作るのがお勧めです。

マッサージオイルとして使うときは粘度があるのでさらっとしたオイルと混ぜて使います。
ほかのオイルと混ぜることで酸化防止にもなります。

ホホバオイルやマカデミアナッツオイル、スイートアーモンドオイルなどに約10パーセントほど混ぜて使うだけで乾燥を防ぎ、うるおいを保ちながらマッサージをすることができます。
更年期障害や月経前症候群の改善として使用するときは月見草オイル小さじ1に対してクラリセージを1滴から2滴程度加えて使いましょう。
女性ホルモンを整えるだけではなく、肌の血行をよくする効果も期待できるといいます。

顔のスキンケアに使うときにはホホバオイルのほかにもアルガンオイルやローズヒップオイルなどに混ぜましょう。
どれもスキンケア効果が高いオイルばかりです。
ただしローズヒップオイルも酸化しやすいので香りが変わらないうちに使い切るように気をつけます。

クレンジングオイルとして使ったり、乳液代わりに使うこともできるので乾燥肌の人や敏感肌で困っている人にはとてもいいのではないでしょうか。
肌の乾燥が気になるときは化粧水をつける前にブースターの代わりとしてつけるのもおすすめです。
うるおいを長く保つことができ、化粧水をさらに浸透させることができます。

肌の弾力を維持!老化防止にも役立つ月見草オイル-γリノレン酸は美肌効果が優秀

肌に優れた効果を発揮することが分かっている月見草オイルは、インターネット上でもその効果がまとめられており、名前を聞いたことがある方も多いでしょう。
このオイルはダイエットに効果的なだけでなく、肌荒れの改善をはじめ老化防止にも効果的なことが判明し、最近ではアンチエイジングに役立つと注目されています。

月見草オイルは、「イブニングプリムローズオイル」という名称で呼ばれることもあるので、この名前で老化防止の効果がまとめられている場合もあります。
月見草オイルの効果を簡単にまとめると、一番大きな特徴と言えるのが「γ-リノレン酸(GLA)」というn-6系不飽和脂肪酸を沢山含んでいることです。
γ-リノレン酸は、人間の体にとっては必要不可欠な脂質という意味で「必須脂肪酸」とされています。
近年、脂肪酸の種類を解説したまとめも増えていますので、聞いたことのある方もいらっしゃるはずです。

月見草オイルに含まれている成分には、γ-リノレン酸だけでなくリノール酸が含まれています。
こうした成分を含んでいる植物は比較的珍しいことが分かっています。
月見草オイルの良さは、保湿作用に優れた効果を発揮すること。
さらに、γリノレン酸の働きで、皮膚組織を修復したり維持してくれることも期待できます。

肌の弾力を維持することでしわを予防したり、乾燥を防ぐことによって乾燥が原因となるかゆみを防止する効果もあるので、老化防止と美肌効果には最適なオイルと言えるでしょう。
またγ-リノレン酸の保湿効果でアトピー性皮膚炎を和らげたり、潤いを維持して肌荒れにも有効とされています。
ちなみに、γ-リノレン酸がアトピー性皮膚炎が原因のかゆみを抑制するため、不快な症状の改善につながります。
月見草オイルは天然の植物油なので、皮膚が敏感な人やケミカルな成分を受け付けない方にも取り入れやすいでしょう。

オイルとして使う以外にサプリメントもある

そもそも月見草オイルは、「ツキミソウ」という植物の種子から抽出したオイルです。
このオイルは薄黄色あるいは透明で、脂肪酸組成としては先程触れたように主にリノール酸がメインとなり、リノレン酸も多く含まれています。中でもr-リノレン酸は、免疫に関係する成分として非常に大切な成分の一つです。

老化防止に役立つ月見草オイルには肌を適度にひきしめる効果があるので、目立ってきた毛穴あるいは黒ずみの緩和が期待できますし、肌全体を活性化することで年齢を重ねた肌にもハリや潤いを与えられるので、エイジングケアと保湿が一度にまとめてできてしまいます。

さらに、月見草油が持っている効果は幅広く、コレステロール値の改善や血圧降下、生理痛や更年期障害にも効果的。
抗炎症作用などが期待できることから、リウマチ症状を軽減したり、慢性疲労を改善する働きが期待されています。
こうした色々な効果がある月見草オイルですが、抗血栓作用がある薬との併用はできませんので注意しましょう。

スキンケアに有効なことが分かった月見草オイルですが、老化防止には体内からのアプローチも欠かせません。
その際におすすめの方法が、デトックスを行いながらスキンケアをする方法です。
デトックスと言えば、水分を多めに摂ることも大切ですが、老廃物を排出する働きがあるハーブティーを使うことも役に立ちます。
マヌカの木から採取した葉を用いて作られたハーブティーは、ブレンドされているハーブとの相乗効果で、デトックスを促してくれます。
お通じがなくて悩んでいたり、腸内環境を良好に維持したい方にぴったりです。
ハーブティーならお茶を淹れるだけで取り入れやすいですし、続けやすい点も魅力です。
スキンケアにプラスして、身体の内側と外側から美肌を目指してはいかがでしょうか。

 

Share on Google+
Instagram

コメントを残す