ガラクトースの効果と効能、作用について

カモミールの効果と効能、作用について
2018年3月26日
カリウムの効果と効能、作用について
2018年3月26日

ガラクトースは、炭水化物の一つで、脳糖と呼ばれています。
この単糖類には、フルクトース(果糖)や、ブドウ糖が含まれて、
ガラクトースの主な働きは体や脳を動かすためのエネルギー源となります。
特に胎児にとって非常に重要なエネルギー源となるため、
このガラクトースの摂取が不足すると特に胎児の成長に影響が出ます。
こうしたことを防ぐために、適切な量のガラクトースの摂取が必要となるのです。

ガラクトースの名前の由来はギリシャ語の「乳の」という意味からきています。
そして、今日でガラクトースは乳糖の構成成分であることが分かっています。
このガラクトースは乳製品やテンサイ、ガムなどに含まれています。
ガラクトースは胎児のエネルギー源となるほか、以下のような効果効能があります。

ガラクトースの主な効果/効能/作用

・骨を丈夫にする(カルシウムの吸収を高めるため)
・便通を良くする(善玉菌を増やすため)

こうした働きのほか、免疫力を高める働きがあり胎児を病気から守ったり、ガンの成長を防ぐ働きなどがあります。
これらの効果効能があるガラクトースの過剰摂取は副作用の症例がまだ発見されていません。
ただし、糖類のため摂り過ぎによる生活習慣病の恐れがあります。

そのため、摂取量の目安として
厚生労働省はガラクトースを含めた炭水化物の1日の摂取量を総エネルギー量の60%としています。

もちろん、運動量によって摂取すべきカロリー量は変わってくるので注意が必要です。

ガラクトースを多く含む食品は、牛乳やヨーグルトなどの乳製品、味噌や醤油などの大豆製品に多く含まれています。
そして、こうした食品を摂取する際の注意点は「摂り過ぎ」に気をつけることです。
このように注意するだけで肥満などの生活習慣病を防ぐことが出来るのです。

 

Share on Google+
Instagram

コメントを残す