「その肌のべたつきは実は乾燥かも?やってしまいがちなNGスキンケアと夏の肌の保湿対策」

「美肌のための新習慣!朝のクレンジングはメリットがたくさん!」
2018年4月5日
『うつ』だと感じたら~受診するなら精神科?心療内科?
2018年4月5日

夏に気になりがちな顔のテカり。

この時期のテカリや、それによるメイクの崩れ・・・
暑い時期だし湿度が高く、汗をかくので顔もべたつきがちになるのですが、
そのテカりは実は間違ったスキンケアが原因かも?

スキンケアをほんの少し見直すだけで、
もしかしたらテカテカ肌が改善させるかも知れません。

今回はお肌のテカりの対処法について紹介します!

●実は乾燥している夏の肌

夏は湿気が多く肌も油分たっぷりで、潤っていると錯覚しがちですが、
紫外線やエアコン、扇風機の風、汗の蒸発などによって実は水分不足に陥りがち。

肌は乾燥すると、これ以上肌の水分を逃がさないようにしようと
皮脂が過剰に分泌してしまい、ベタベタ肌の原因になります。

皮脂分泌が増えて肌がベタつくからオイリーだと勘違いしてやってしまうのが、
一日に何度も洗顔したり、乳液やクリームなど油分のあるものをお休みしたり、
こまめにあぶらとり紙を使うなどの間違ったケア。

これらはインナードライをさらに悪化させてしまう原因になります。

特に年齢肌のベタベタは保湿のしすぎではなく、
インナードライや肌の老化、油分と水分のバランスの乱れが引き起こしています。

その上、夏はスキンケアも必要以上にさっぱりした物を選びがちだったり、
保湿よりも美白重視になってしまうのも肌を乾燥させる要因のひとつなんです。

 

●夏の乾燥肌を防ぐには?

1.とにかくたっぷりの化粧水で肌を潤します。

コットンに化粧水を浸してコットンパックをしたり、
こまめにミストなどで保湿するのもおすすめ。

私はよく、100均に売っている手持ちの化粧水を染み込ませて使うタイプのシートマスクを使っています。
普段使っている化粧水をヒタヒタに染み込ませてパック。
手のひらで馴染ませていたときよりも、たっぷりの水分が肌に入る感じ。

肌に潤いを補給してあげます。

2.蓋をして水分を逃さない。

夏は乳液やクリームなどを使わない方も多いのですが、
たっぷり与えたお肌の水分が蒸発しないようにキチンと蓋をします。

3.皮脂の取りすぎに注意。

一日に何度も洗顔するのはNG。

また、あぶらとり紙を使ってこまめに油を取るのは皮脂を過剰に分泌させてしまい逆効果!
メイクを直す時も、ティッシュで軽く押さえるだけで十分なんです。

意外なようですが、肌を乾燥させないのがベタベタ、テカテカ肌を防ぐ効果的な方法。
メイクのノリも、モチもかなり変わってきます。

是非実践してみて下さい。

Share on Google+
Instagram

コメントを残す