プロリンの効果と効能、作用について

プロポリス関連の効果と効能、作用について
2018年3月30日
ペクチンの効果と効能、作用について
2018年3月30日

プロリンは、非必須アミノ酸の一つで、コラーゲンの元となるアミノ酸です。
非必須アミノ酸には、チロシンや、アスパラギン酸などがあり、
プロリンの主な働きは、ダイエット効果や美肌を作り出す役割があります。

そのため、このプロリンの摂取が不足するとコラーゲンの生成量が減少して、肌のハリがなくなったりシワが出来やすくなます。
また、膝や腰などの関節痛を引き起こしやすくなります。

そのため、特に女性の場合は美肌効果があり、かつ、ダイエット効果もあるプロリンの摂取が大切となります。
プロリンは、ダイエット効果があり、美肌を作り出す役割のほか、以下のような効果効能があります。

プロリンの主な効果/効能/作用

・丈夫な筋肉や骨を作る(コラーゲンの元となるため)
・関節痛を改善する(軟骨としてのコラーゲン成分となるため)
・心筋梗塞を予防する(心筋の合成に関わるため)

このようにプロリンは、コラーゲンとしての働きが強い特徴があります。
また、脂肪の燃焼にも関わっておりダイエット効果があるのです。

さらに肌の潤いを保つ働きもあるのが、プロリンです。
このプロリンの過剰摂取による副作用は確認されていません。

そのため、過剰に取り過ぎても消費されるので安心して摂取して問題はありません。
そして、プロリンが、非必須アミノ酸ということも相まって摂取量の目安は定められていません。

プロリンを多く含む食品は豚肉や大豆製品、小麦粉に多く含まれています。
そして、こうした食品を摂取する際の注意点は「他のアミノ酸とバランス良く摂取する」ことです。
こうすることで、コラーゲンの生成を効率良く促すことが出来るので、
グリシンや、アラニンなど、他のアミノ酸と一緒に摂取することが大事です。

 

Share on Google+
Instagram

コメントを残す