アントシアニンの効果と効能、作用について

アンタティシン効果と効能、作用について
2018年3月26日
イコセン酸の効果と効能、作用について
2018年3月26日

アントシアニンは、アントシアニンの一つで、青紫色の天然色素の成分です。
アントシアニンには、お茶のカテキンや大豆のイソフラボンなどが含まれ、
このアントシアニンを多く含む食品の代表がブルーベリーです。

ブルーベリーの主な働きは、視力を改善する役割や目の疲れをとる役割があります。
これは、アントシアニンが目の働きを高める成分であるロドプシンの再合成を助けるためです。
こうした視覚機能を改善する効果効能があるため、適切な量のアントシアニンの摂取が必要となるのです。

アントシアニンは第二次世界大戦ごろから研究がはじめられ、
ギリシャ語の「花」と「青」に由来して名づけられました。
そして現在では、このアントシアニンはその抗酸化作用が高いことから、
視覚機能を向上する効果効能に注目が集まっています。

また、安全性が高いために加工食品の着色料にも用いられています。
アントシアニンは視力を改善する働きのほか、以下のような効果効能があります。

アントシアニンの主な効果/効能/作用

・白内障、緑内障を予防する(抗酸化作用により目の酸化などを防ぐため)
・糖尿病を予防する(血糖値を引き下げるため)
・メタボリックシンドロームを予防する(中性脂肪の蓄積を抑えるため)
・花粉症を予防する(ヒスタミンを抑える働きがあるため)

アントシアニンにはこうした働きのほか、かゆみや痛みといったアレルギー症状を抑える働きがあります。
そして、このアントシアニンの過剰摂取による副作用の症例は報告されていません。

そのため、アントシアニンの摂取量の目安はなく、
アントシアニンを含むポリフェノールの1日の摂取量を1500mgという数値が参考になります。

こうしたアントシアニンを多く含む食品はブルーベリーや、ビルベリーなど色の濃い青紫色の食品に多く含まれています。
また、茄子や紫イモ、紫キャベツなどにも含まれています。
効率良く摂取するには、アントシアニン配合のサプリメントも販売されているため、そちらがお勧めです。

Share on Google+
Instagram

コメントを残す