アンタティシン効果と効能、作用について

アンズ(杏子 / アプリコット)の効能と効果、作用について
2018年3月26日
アントシアニンの効果と効能、作用について
2018年3月26日

アンタティシンは、糖タンパク質の一つで、美容成分として使用されています。
糖タンパク質には、グルコースや、ガラクトースなどがあり、アンタティシンの主な働きは保湿作用があります。
また、コラーゲンの保持を保つ役割などがあるため、肌の若々しさを保つ効果があります。

アンタティシンには、こうした効果効能があるため、化粧品から皮膚に浸透させることが有効です。
アンタティシンは南極氷河から抽出されている糖タンパク質の一つです。

アンタティシンの働きは、皮膚の水分を保持したり、コラーゲンと、エラスチンレベルを保持する役割があります。
そのため、肌の再生のための組織構造や上皮などの生成を活性化させてくれます。
その結果、傷んだ肌を回復させてくれます。
こうした働きを持つアンタティシンは、今日では化粧品などに使われています。

アンタティシンは保水作用やコラーゲンを保持するため、以下のような効果効能があります。

アンタティシンの主な効果/効能/作用

・しわの深さを緩和する(コラーゲンを保持するため)
・肌のハリを高める(コラーゲンを保持し、弾力性を高めるため)
・肌の潤いを保つ(保湿作用があるため)

こうした働きがあるため、アンタティシンは、スキンケア製品として利用されています。

アンタティシンの利用による副作用は報告されていません。
しかしながら、肌の健康状態によっては何らかの症状が出る可能性があるため、
使用する際には自分自身に合っているかを確認しながら利用するようにすることが大切です。

 

Share on Google+
Instagram

コメントを残す