脂肪酸関連

2018年3月30日

飽和脂肪酸の効果と効能、作用について

飽和脂肪酸は、脂肪酸の一つで、体内でも作ることが出来る脂肪酸のことです。 脂肪酸には飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸があり、飽和脂肪酸の主な働きは体を動かすためのエネルギー源となります。 また、コレステロールを高める働きなどもあります。 そのため、この飽和脂肪酸の摂取が不足すると体が疲れやすくなったりしてしまうのです。 こうし […]
2018年3月30日

葉酸(ビタミンB9)の効果と効能、作用について

葉酸はビタミンB群での中の「ビタミンB9」とも呼ばれおり水溶性ビタミンです。 葉酸と呼ばれるようになった理由は、発見当初、ホウレンソウから見つかり、 その語源がラテン語で「葉」を意味したからです。 葉酸の働きは、タンパク質や核酸の合成に働いて体の発育を促します。 この中で核酸はDNAなどの生成を意味していて、赤ちゃんの […]
2018年3月30日

必須脂肪酸の効果と効能、作用について

必須脂肪酸は脂肪酸の一つで、体内で合成できない脂肪酸のことを言います。 脂肪酸には必須脂肪酸のほか、体内で合成できる非必須脂肪酸があります。 必須脂肪酸には多価不飽和脂肪酸があり、その代表的な物質は「リノール酸」と「リレノン酸」があります。 必須脂肪酸の特徴はエネルギーの源となることをはじめ健康維持には欠かすことが出来 […]
2018年3月30日

多価不飽和脂肪酸の効果と効能、作用について

多価不飽和脂肪酸は不飽和脂肪酸の一つで、n-3系とn-6系の2種類があります。 不飽和脂肪酸には一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸があります。 その多価不飽和脂肪酸の特徴としては体の中で作ることが出来ないため、食べ物から摂取する必要があるという特徴があります。 n-3系とn-6系の違いは、n-3系脂肪酸にはDHAやリレ […]
2018年3月30日

不飽和脂肪酸関連の効果と効能、作用について

・不飽和脂肪酸について ・一価不飽和脂肪酸について ・多価不飽和脂肪酸について ・ビタミンKについて ・葉酸について ・パントテン酸について ・パルミチン酸(ヘキサデカン酸)について ・パルミトレイン酸について ・ヘプタデセン酸について ・ステアリン酸について ・オレイン酸について ・リノール酸について ・リノレン酸に […]
2018年3月30日

不飽和脂肪酸の効果と効能、作用について

不飽和脂肪酸は脂肪酸の材料の一つで、一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸の二つがあります。 脂肪酸には化学式的に安定している飽和脂肪酸と不安定な不飽和脂肪酸があります。 これらの違いは、溶けやすいかどうかという違いで、不飽和脂肪酸は体温で溶けきる脂肪酸のことを言います。 この不飽和脂肪酸の働きは血中の中性脂肪やコレステロ […]
2018年3月30日

一価不飽和脂肪酸の効果と効能、作用について

一価不飽和脂肪酸は不飽和脂肪酸の一つで、悪玉コレステロールを減らす作用があります。 この不飽和脂肪酸には一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸があります。 一価不飽和脂肪酸の特徴としては常温では液体となっていることが多いという点で、 一価不飽和脂肪酸の主な働きは動脈硬化を防いでくれます。 そのため、不足すると動脈硬化や心臓 […]
2018年3月30日

リノレン酸の効果と効能、作用について

リノレン酸は多価不飽和脂肪酸に含まれる脂肪酸の一つであり、 n-6系脂肪酸に含まれるγ‐リノレン酸とn-3系脂肪酸に含まれるα-リノレン酸があります。 γ‐リノレン酸の働きは、血糖値を下げたり、血圧を下げる働きがあります。 また、α-リノレン酸の働きは体内でEPAやDHAを合成する働きがあります。 そのためリノレン酸が […]
2018年3月30日

リノール酸の効果と効能、作用について

リノール酸は多価不飽和脂肪酸のn-6系脂肪酸の一つで、必須脂肪酸となっています。 n-6系脂肪酸には他にγ-リレノン酸やアラキドン酸があり、 リノール酸には血中悪玉コレステロールを減らす働きがあります。 そのため不足すると心臓疾患や高血圧のリスクが高まります。 こうしたことから、リノール酸は必須脂肪酸になっているのです […]
2018年3月30日

ミリスチン酸の効果と効能、作用について

ミリスチン酸は、脂肪酸の一つで、飽和脂肪酸に含まれます。 飽和脂肪酸には、酢酸や、ステアリン酸などが含まれ、 ミリスチン酸の主な働きは、タンパク質を刺激してホルモン分泌や細胞膜を保護する役割があります。 そのため、このミリスチン酸の摂取が不足すると、成長因子が正しく働かなくなってしまいます。 その結果、ガンや免疫系不全 […]