ヘプタデセン酸の効果と効能、作用について

ペクチンの効果と効能、作用について
2018年3月30日
ペプチドの効果と効能、作用について
2018年3月30日

ヘプタデセン酸とは一価不飽和脂肪酸の一つであり、
この一価不飽和脂肪酸には、ヘプタデセン酸のほかに、オレイン酸や、イコセン酸パルミトレイン酸などが含まれています。

ヘプタデセン酸などを含む一価不飽和脂肪酸の働きは悪玉コレステロールを減らす働きがあります。
そのため、一価不飽和脂肪酸が不足すると動脈硬化や高血圧などを引き起こしてしまいます。
こうした、ヘプタデセン酸は現在、あまり注目せれていませんが、化粧料として用いられる可能性があります。
ヘプタデセン酸は悪玉コレステロールを減らすほか、以下のような効果効能があります。

ヘプタデセン酸の主な効果/効能/作用

・乾燥、アレルギーおよび自己免疫疾患の予防

ただし、ヘプタデセン酸は脂肪酸であるため摂り過ぎによる高カロリーに注意が必要です。
厚生労働省は、一価不飽和脂肪酸と生活習慣病のリスクの関係性が明らかでないことから目標量の下限・上限を定めていません。

ヘプタデセン酸を多く含む食品は牛肉や豚肉などの肉類、またアンコウやサバなどの魚類に多く含まれます。
また、アボカドにもヘプタデセン酸は含まれています。
こうした食品の多くは「傷みやすい」という特徴があるため保存方法に注意が必要です。

 

Share on Google+
Instagram

コメントを残す