プロポリスの効果と効能、作用について その1

フラボノイドの効果と効能、作用について
2018年3月30日
ブルーベリーの効能と効果、作用について
2018年3月30日

プロポリスは、ミツバチが生成する物質の一つで、「天然の構成物質」と呼ばれることもあります。
プロポリスは、フラボノイドや、アミノ酸ビタミンミネラルなどの様々な栄養素を含んでいます。
そして、このプロポリスの主な働きは、免疫力を高める役割や肌に潤いやハリを与える役割があります。
そのため、このプロポリスを摂取していると、若々しく健康的な生活を得られるため、
適切な量のプロポリスの摂取が必要となるのです。

プロポリスは古代エジプトから利用されており、
ミツバチの巣を守ることから「前」という意味のプロと「都市・巣」という意味のポリスから名付けられています。
そして、現在ではこのフラボノイドを多く含んでいることが分かっています。
そのため、抗酸化作用があり動脈硬化を防げるといった効果効能があると期待されています。

さらに、抗酸化作用により、シミやソバカスを抑えるほか、
抗菌作用があるためニキビ予防や炎症を抑える働きがあります。
こうした作用があることから、プロポリスは化粧品などにも用いられるようになっています。

プロポリスは免疫力を高めたり、肌にハリなどを与える役割のほか、以下のような効果効能があります。

プロポリスの主な効果/効能/作用

・インフルエンザを抑える(免疫力を高めるため)
・動脈硬化を抑える(コレステロール値を引き下げるため)
・頭部白癬の症状を和らげる(炎症を抑えるため)
・花粉症を抑える(原因となるヒスタミンの放出を抑えるため)
・糖尿病を予防する(血糖値を引き下げるため)
・抜け毛を予防する(発育を促進するため)
・口臭を予防する(抗菌作用があるため)

こうした働きのほか、プロポリスには疲労回復を促進するなどの効果効能があります。
ただし、プロポリスは蜂アレルギー症状を引き起こす可能性があり、
喘息やアトピーなどの症状を持っている場合は注意が必要です。

そして、プロポリスを摂取するにはプロポリス配合のサプリメントが販売されているのでそちらがお勧めです。

プロポリスの効果と効能、作用について その2

 

Share on Google+
Instagram

コメントを残す