クルミの効果と効能、作用について

グルタミン酸の効果と効能、作用について
2018年3月26日
グレープシードの効果と効能、作用について その2
2018年3月26日

1.クルミとは?

クルミとは、クルミ科クルミ属に属する落葉高木の総称です。
原産地は、ヨーロッパの南西部からアジア西部とされており、現在では北半球の温帯地域に広く分布しています。
主に河川敷などに自生していることが多いです。
樹の高さは10メール程のものが多く、大きいもので20メートル以上に成長するクルミもあります。

クルミは数年かけて大きな木へと成長し、5月から6月の季節に花を咲かせます。
クルミの実がなるまでには、おおむね10年以上はかかるといわれています。
クルミの樹には、アレロパシー作用(他感作用)のため、他の樹木の成長をさまたげるため、
クルミの木の下では他の木が育たないと言われています。

現在、国内で販売されているクルミのほとんどは、アメリカのカリフォルニア産や中国産が多く、
国内産のクルミはほとんど販売されていません。
クルミの葉は、強くて心地よい匂いがして、葉を押し潰すとタンニン色素によって手が黄色くなるほどです。
木材はウォールナットという名称で呼ばれていて、北アメリカやカナダで産出されており、高級家具などに利用されています。
クルミの花言葉は「知恵・野心・知性」

2.クルミの特徴

非常に硬く専用のくるみ割り器を使って割るのが一番手軽です。
また、栄養価が高くカロリーも高いため、高エネルギー食品としても有名です。
果肉の60%から70%がリノール酸を初めとする植物性タンパク質で少量を毎日食べると、
肥満や糖尿病の予防に役立ちます。

また、クルミの脂肪には、不飽和脂肪酸が多く含まれているため、継続して食べることで、
血中老廃物の除去効果や血管を丈夫にする効果が期待できます。
一日の摂取量は25グラム程度がベストと言われています。

3.クルミの主な効果/効能/作用

・美肌効果(針とうるおい)
・肥満防止
・動脈硬化の予防
・糖尿病の予防
・滋養強壮

-クルミを含んだ商品例-
Tea total / ハーブティー / マヌカフラワー デトックス

 

Share on Google+
Instagram

コメントを残す