更年期障害の改善や予防にサプリメントを活用する

更年期障害の治療に必要な期間とは?オススメの改善方法
2018年4月9日
自律神経失調症とは?原因と予防、改善方法とは?
2018年4月9日

更年期障害に有効なサプリメントと病院の治療

更年期障害はエストロゲンの分泌低下によって起こる障害のため、エストロゲンを増やすホルモン補充療法は更年期障害の症状に非常に効果的ですがエストロゲンと併用して黄体ホルモン剤のプロゲステロンも投与することで子宮がんの発生リスクが非常に低くなるといわれています。

そして、このプロゲステロンを増やすことで、症状の緩和だけでなく不妊の原因となる黄体機能不全を治したり体脂肪の減少や血糖値の調整などの効果もあります。

 

また、更年期の症状を緩和するサプリメントとして代表的なものに大豆イソフラボンがありますが、このサプリはエストロゲンと似た作用があり骨粗しょう症の予防やめまい、ホットフラッシュによるほてりや、のぼせの症状の改善に有効です。

さらに、大豆イソフラボンは豆腐や豆乳、味噌などの大豆加工食品に多く含まれるほか、サプリメントでも摂取できますが摂りすぎには注意が必要です。

 

また、ザクロにはエストロゲン様物質のエストロンが含まれ女性ホルモンのバランスを整える効果があり、さらにアミノ酸の一種であるギャバは更年期障害のイライラを緩和するのに役立つリラックス効果が高いことで知られ、副交感神経を活発にし脳の興奮を抑えて気持ちを落ち着かせる作用があります。

様々なホルモンバランスを整える食物やサプリメントも積極的に取り入れて症状の軽減、回復を目指していきましょう。

 

漢方薬とサプリメント、どちらが良いのか?

更年期障害の症状に合わせて選びたいのが漢方薬やサプリメントです。
更年期障害は年齢を重ねた女性ならどなたでもかかる可能性のあるつらい症状です。
女性の40代後半から60代にかけては閉経に向けてホルモンバランスが大きく変化していく時期です。

 

初潮以降、毎月繰り返されてきた月経とそれに伴う排卵を起こしてきたホルモンの働きが弱まり変化していき、このホルモンバランスの急激な変化についていけなくなった体が不調を引き起こしてしまうのです。

その症状は、ホットフラッシュと呼ばれる火照りや、頭痛、めまいや耳鳴りなどの三半規管の症状、気分的な落ち込みやイライラなど様々なものがありますが重症化してしまうと起き上がれないほど辛く感じる方もいらっしゃいますから、このような更年期障害を緩和し治療として使われているものの一つが漢方薬で、また自分でサプリメントを選んで症状を緩和する方もいらっしゃいます。

 

重症の方はクリニックに通いホルモン治療などを行う必要がありますが、それ以外のケアとして漢方やサプリはどちらが良いのかと迷う方もいらっしゃいます。
漢方とサプリ、どちらもメリットがありデメリットがありますので、そうした違いをよく知って自分にあったものを選ぶことで使い更年期の症状を改善して生き生きと明るい毎日を送ることができるようになります。

 

まずは、更年期障害に効果的な漢方薬とはなんでしょうか?

漢方とは中国に古くから伝わる伝統的な生薬のことです。
長い歴史の中で培われてきた知識と効果を持つ薬ですので安全性が高く副作用もほとんどないというメリットがあります。
漢方薬の良いところは、一つの症状を改善するのではなく、血行を良くして体全体の調子をアップしていくというところにあります。

そのため西洋医学のように一つの症状や病巣を攻撃するのではなく、全体のエネルギーをアップして調子をよくするので複数の症状を同時に緩和できるということがあります。

 

更年期障害に使われる漢方薬には加味逍遥散、当帰芍薬散、温経湯などがあります。

めまいや肩こりなど複数の症状がある方に最適なものですが、体質によっても効果の出方が違いますので専門の漢方医に処方してもらうのが良いでしょう。
漢方薬は専門の漢方医に診察してもらう必要があるというところをデメリットに感じる方もいます。

 

知り合いに効果があったからといって自分に同じ漢方が合うとは限りませんので、必ず専門の漢方医や漢方薬局で様子を見ながら処方してもらう必要があります。
こうした手間をデメリットと捉えずに、しっかり見てもらうことでより漢方の効果を引き出して更年期障害をケアすることができます。

 

次に漢方薬とは逆に手軽に利用できる更年期障害をサポートするサプリメントです。

更年期障害をサポートするサプリメントにはプラセンタやイソフラボンなどがあります。
プラセンタは哺乳類の胎盤から抽出された成分で、更年期のさまざまな不調を抱える方の治療にも使われています。
サプリとして使われているのは馬や豚や羊から抽出されたプラセンタですが、女性ホルモンのバランスを整えて効果的に症状をケアする優れた成分です。

 

特に羊プラセンタは人の組成に一番近いと言われており、豚など他のプラセンタに比べて効果を実感する人が多いようです。
食品からプラセンタを抽出することはできませんのでサプリから摂取することになりますが、ドリンクタイプ、カプセル状のもの、ゼリータイプなど様々なタイプがありますので自分にあった飲みやすいものを選ぶことができます。

 

イソフラボンも女性ホルモンのバランスを整える効果がある成分でサプリを利用することで毎日一定の量を摂取し続けて更年期のつらい症状をケアすることができます。

 

サプリメントのメリットはやはり医師の処方が必要なく自分で手軽に選んで購入できるというところです。
健康食品ですので副作用もなく安全に摂取することができます。

 

デメリットとしては医療機関で処方される薬ほどの高い即効性があるわけではないので、根気よく飲み続けることが必要だというところです。
漢方薬とサプリメントどちらも上手に使いこなして更年期をしなやかに乗り切りましょう。

 

 

更年期障害に良いサプリメントの選び方

更年期障害の原因についてをまずおさらいしておきましょう。

更年期とは女性の場合、卵巣機能が衰え始めることで女性ホルモンの分泌が減少する、閉経を迎える前後の期間のことを言い、女性の更年期は個人差があり一般に40代半ばから月経異常や月経不順が続く方が多い頃と言われています。

 

更年期に入ることで体の変化が始まり、更年期障害とはホルモンバランスの乱れが原因の身体的、精神不調などの自律神経失調症の症状が出ることです。
更年期障害になる事によって、顔の火照りや、のぼせ、多汗や体がだるい症状などや頭痛や冷えなどと、様々な変化が出てきます。

 

そして、更年期障害と上手に付き合っていく中で、サプリメントなどでホルモンのバランスを整えていく事で症状も緩和する事が期待できます。

睡眠や食事、規則正しい生活のリズムや適度な運動などと生活の見直しなどを行いながら、サプリメントで体の中から更年期障害を乗り越える事などを行う事によって、体のだるさや気分の落ち込みや火照りや動悸なども緩和して楽に過ごす事が期待できます。

精神的にもとても辛く、ホルモンのバランスが崩れていく事によって今までとは違う症状が続いてしまうので、ストレスなどもためないように行う事がポイントです。

 

では、更年期障害へのおすすめのサプリメントをみていきましょう。
女性ばかりではなく、男性にも起こる更年期は、サプリメントを摂取する事によって体の中から良い成分で更年期の症状を緩和する事が期待できます。

 

更年期に多くの方が飲むとされているローヤルゼリーのサプリメントは、ローヤルゼリーに含まれる成分が女性ホルモンであるエストロゲンと同様の作用をする為、自律神経やホルモンバランスを整えてくれる期待ができます。

 

 

美容にも良いとされるプラセンタは、体の自律機能の調節に関係している成分な為、疲れた体や、だるい体にも有効に働きかけ美肌効果にも効果を期待することができます。

様々なプラセンタの中でも羊プラセンタが人間の組成に一番近いと言われているため、スクレイピーなどの病気の心配の無い安全なニュージーランド産のシーププラセンタが人気です。

 

 

その他にも女性にも男性にも良いとされるマカでは、特に更年期の症状改善に役にたつとされる亜鉛アルギニンなどをはじめとする豊富なアミノ酸が入っている為、更年期障害に悩んでいる人たちに緩和されるサプリメントとして人気があります。

 

 

海外ではPMS対策で病院から処方されることもある月見草オイルのサプリメントは更年期障害だけでなく女性にとって嬉しい効果が期待できますので、更年期障害の対策だけでなく普段から飲んでいても良いでしょう。

 

 

一人一人の症状によって自分の体にあった症状のサプリメントを選ぶことによって、効果が実感することができるサプリメントを選び、食事などでは摂取できない成分などを気軽に体の中に入れることができるので、更年期の症状を緩和するにはサプリメントを代用することで毎日が穏やかに過ごすことができます。

 

その他にもサプリメントだけでなく更年期障害の効果的な予防や対処法があり、それらを偏りなく行うことでより改善に向かうでしょう。

多くの人たちに見られる更年期障害は加齢によるエストロゲンの減少が原因のため体に様々な変化が起きてしまいますが、早めに対処することで更年期障害の症状を予防や軽減することもあります。
更年期の時期に近づいてくる前に食事の見直しをすることで、軽減出来ることもあります。

 

なぜなら、食生活の乱れも自律神経のバランスを乱す原因になります。
甘いものばかり食べたり脂っこい食事などは食生活の乱れの原因になってしまうので、更年期障害の予防には栄養バランスの良い食生活が重要です。
かぼちゃなどの緑黄色野菜やビタミンEの含まれる食材を食べることによって、更年期障害の症状でもある火照りなどを和らげる効果も期待できます。

 

適度な運動を習慣にすることも予防になりウォーキングや水泳などの有酸素運動で呼吸器や循環器などの内臓の働きを活発にして、運動によって快適な睡眠を得られ心身のリフレッシュにつながります。

 

食事の他にサプリメントを飲むことによって、更年期障害の緩和や予防も期待することができるので辛い時期の更年期を乗り越えていくために、また普段から食事や運動や食生活などのリズムを整えておくことによって症状を緩和することが期待できますので活用してみてはいかがでしょうか。

 

 

Share on Google+
Instagram

コメントを残す