大豆タンパクの効果と効能、作用について

多価不飽和脂肪酸の効果と効能、作用について
2018年3月30日
小麦タンパクの効果と効能、作用について
2018年3月30日

大豆タンパクは植物性たんぱく質の一つで、大豆から摂取することができるタンパク質のことを言います。

植物性たんぱく質には小麦タンパクと大豆タンパクがあり、
大豆タンパクの主な働きは、アミノ酸が緩やかに吸収されていき、インナーマッスルを強化してくれる役割があります。
そのため、こうした効果効能を手に入れるために、適切な量の大豆タンパクの摂取が必要となるのです。

大豆は5000年以上前から中国で栽培されていたとされ、日本では縄文時代の遺跡から発掘されています。
現在では、世界中で栽培されるようになっており、アミノ酸やイソフラボンを豊富に含んでいることが分かっています。
そのため、大豆は「畑の肉」と呼ばれることもあり、人間にとって大豆タンパクは貴重なタンパク源となっています。

特に、大豆タンパクは動物性たんぱく質に比べて、コレステロール値が低いため、生活習慣病などにかかりにくいと期待されています。
大豆タンパクはインナーマッスルを強化する役割のほか、以下のような効果効能があります。

大豆タンパクの主な効果/効能/作用

・ダイエット効果がある(緩やかにアミノ酸が吸収されるため)
・筋肉を強化することができる(必須アミノ酸が豊富に含まれているため)

こうした働きのほか、大豆にはイソフラボンが含まれており、
抗酸化作用によって肌を若々しく保つことができたり、甲状腺の働きを高めることができたりもします。
ただし、大豆タンパクの過剰摂取はホルモンバランスを崩す可能性があるため注意が必要です。

しかし、通常の食生活をしている分には、過剰摂取になることはないので安心してください。
けれども、摂取量の目安として、大豆タンパクなどのたんぱく質の1日の摂取量を「0.72×体重×1.25」グラムとしています。
すなわち、例えば体重が60kgの人であれば54gの摂取が必要という意味になります。
こうした大豆タンパクを多く含む食品は、大豆製品に多く含まれています。
ただし、大豆タンパクのみではアミノ酸が偏ってしまうことから、小麦タンパク動物性たんぱく質と一緒に摂取することが大切です。

また、大豆タンパクを効率よく摂取するにはサプリメントなどもお勧めとなっています。
そのため、健康に必要な分のアミノ酸を効率よく摂取するように心がけましょう。

 

Share on Google+
Instagram

コメントを残す