アデノシンの効果と効能、作用について

アセチルヘキサペプチドの効果と効能、作用について
2018年3月26日
アドレナリンの効果と効能、作用について
2018年3月26日

アデノシンは、ヌクレオシドの一つで、アデニンと、リボースから構成されます。
ヌクレオシドには他にグアノシンや、デオキシアデノシンなどがあります。

そして、アデノシンはATPやADPとなり、エネルギーを運ぶ働きがあり、
このアデノシンの摂取が不足すると冷え性を引き起こす可能性があります。

アデノシンは1929年に発見されました。
研究が進むうちに、アデノシンが、
DNARNAの塩基として遺伝子情報のコードに用いられることが分かりました。
そして、このアデノシンが、リン酸化すると、アデノシン三リン酸と呼ばれる成分になります。

これは「ATP」と呼ばれ筋肉を収縮したり、グルコースをリン酸化したりする働きがあります。
また、酸化型アデノシン誘導体という成分もあり、
アルツハイマーや、パーキンソン病に効果があると期待されています。

アデノシンは体内のエネルギーを運ぶ役割のほか、以下のような効果効能があります。

アデノシンの主な効果/効能/作用

・冷え性を和らげる(エネルギーを運ぶ役割があるため)
こうした働きのほか、冷え性を和らげるため、不妊の改善にも効果があると期待されています。

アデノシンの過剰生成は疲れやすさ感じさせるようになるため注意が必要ですが、
アデノシンは体内でエネルギーを生産する途中に生成されるため、摂取量に関しての目安はありません。

こうしたアデノシンを効率良く生成するには、CoQ10や、リポ酸を摂取することが大切です。
また、ローヤルゼリー内には、酸化型アデノシン誘導体が含まれているので、
摂取するとアルツハイマー病の予防が期待できます。
現在では、ローヤルゼリーのサプリメントや、
CoQ10のサプリメントも販売されているので、それらを活用することもいいでしょう。

 

Share on Google+
Instagram

コメントを残す