アセチルヘキサペプチドの効果と効能、作用について

アセチルコリンの効果と効能、作用について
2018年3月26日
アデノシンの効果と効能、作用について
2018年3月26日

アセチルヘキサペプチドは、6つのアミノ成分にアセチル基が導入されたものです。

アセチルヘキサペプチドには、アセチルヘキサペプチド-1や、アセチルヘキサペプチド-8などが含まれ、
アセチルヘキサペプチドは主に化粧品の成分として用いられます。
このアセチルヘキサペプチドは、例えばシワを予防したり、保湿成分を高めるなどの効果効能があります。

そして、これは合成されるアミノ成分によって効能が違うため、それぞれのアセチルヘキサペプチドに特徴があります。
アセチルヘキサペプチドは製薬会社などによって生成されています。

例えばアセチルヘキサペプチド-8であれば、スペインの製薬会社によって作られます。
このアセチルヘキサペプチドとは、アセチルとは有機物質に対してアセチル基が導入されたという意味で、
ヘキサは6つの意味、ペプチドはアミノ酸とアミノ酸がペプチド結合したことを表わしています。

アセチルヘキサペプチドの代表的なものと役割は以下の通りです。

・アセチルヘキサペプチド-1
アラニンアルギニンヒスチジンロイシンフェニルアラニントリプトファンの6つのアミノ酸からなり、
皮膚保護剤や皮膚コンディショニング剤として利用される)

・アセチルヘキサペプチド-3
(アセチルヘキサペプチド-8と同一成分)

・アセチルヘキサペプチド-8
アルギニンメチオニングルタミン酸の3つからなり、保湿・保潤剤として利用される)

・アセチルヘキサペプチド-30
アルギニンアスパラギン酸グルタミン酸ロイシンチロシンの5つからなり、化粧品に利用される)

・アセチルヘキサペプチド-38
アルギニンセリントリオニンバリンの4つからなり皮膚コンディショニング剤として利用される)

こうしたアセチルヘキサペプチドの多くは神経伝達物質に働きかけて、表情ジワを減らすという効果効能があります。
そのため、化粧水や乳液、クリームなどの化粧品に配合されています。
また、アミノ酸から合成されているため副作用が少ないという特徴があります。
ただし、皮膚の健康状態によっては副作用が現れる可能性もあるため注意が必要です。