メチオニンの効果と効能、作用について

ミルクシスルの効果と効能、作用について
2018年3月30日
メラトニンの効果と効能、作用について
2018年3月30日

メチオニンは必須アミノ酸の一つであり、硫黄を含んだ含硫アミノ酸です。
含硫アミノ酸には、シスチンやシステイン、タウリンなどがあり、
メチオニンの働きはアレルギーを引き起こすヒスタミンの濃度を引き下げる役割があります。

そのため、不足してしまうとアレルギーを引き起こす可能性や、
血中コレステロールの値が高くなってしまいます。

そして、メチオニンは不足しやすいアミノ酸のため摂取量には注意が必要です。
メチオニンは、アレルギーの症状を緩和する働きだけでなく、以下のような効果効能もあります。

メチオニンの主な効果/効能/作用

・肝機能を高める(肝臓の代謝を良くするため)
・うつ症状を改善する(うつ病を予防する神経伝達物質の元となるため)
・老化防止を促す(抗酸化ミネラルであるセレンを運ぶ働きがあるため)
・薄毛予防(毛髪の健康を維持しているため)

ただし、メチオニンの過剰摂取は動脈効果のリスクを高めてしまいます。
また、嘔吐やめまい、低血圧などの副作用も持っています。
そのためメチオニンの摂取量の目安は体重1kgあたり15mgとなっています。
自分の体重が60kgの場合、1日の摂取量は900mgとなります。

こうした、メチオニンを多く含む食品は鶏肉や牛肉などの肉類のほか、
マグロやカツオなどの魚類、牛乳やチーズなどの乳製品類、豆腐や納豆などの大豆製品に多く含まれています。

メチオニンを摂取する際には緑黄色野菜などと一緒に摂取することで、
ミネラルも摂取でき効率良くメチオニンを摂取することが出来ます。

 

Share on Google+
Instagram

コメントを残す