オピオイドの効果と効能、作用について

オオバコ(車前草)の効果と効能、作用について
2018年3月26日
オリーブの効果と効能、作用について
2018年3月26日

オピオイドは神経伝達物質の一つであり、脳内のオピオイド受動態と親和性がある物質の総称をいいます。
神経伝達物質にはドーパミンγ-アミノ酪酸などがあり、
オピオイドの主な働きは中毒症状を引き起こし、神経活動を麻痺させます。
そのため、このオピオイドの分泌が不足すると苦痛などを抑制することができなくなります。

オピオイドは1975年に発見され、別名「脳内麻薬様物質」と呼ばれることもあります。
この別名からわかるとおり、オピオイドは麻薬に近い性質を持っており、神経活動を麻痺させる働きがあります。
そのため、オピオイドの分泌を中断すると禁断症状が発生します。

ちなみに、このオピオイドは、エンケファリンや
β-エンドルフィンなどのGABA神経系から分泌される神経物質の総称のことを言います。

こうした神経物質が分泌されすぎることによって、身体にストレスがかかり何も感じないようになるのです。
オピオイドが過剰分泌になると、離人症のような症状を引き起こします。

この離人症は自分自身を遠くから観察しているような気持ちになり、手足が消えたような感覚になります。
また、自分自身を危険な状態に追いやってしまうことがあるので、注意が必要となっています。

こうしたオピオイドは現在では医療現場で用いられることがあり、治療後の鎮痛剤として用いられています。
もちろん、医療面で利用すれば治療後の痛みを緩和することができたりするため安心して利用されています。

 

Share on Google+
Instagram

コメントを残す