ジャガイモ澱粉(デンプン)の効果と効能、作用について

シナモン(ニッキ)の効果と効能、作用について
2018年3月30日
シュウ酸の効果と効能、作用について
2018年3月30日

1.ジャガイモ澱粉とは?

ジャガイモ澱粉(でんぷん)とは、ジャガイモからデンプンを精製した物です。
ジャガイモから作られるでんぷんにはアミノロースが20%前後含まれていて、
粒の大きさは、一般的に販売されているでんぷんの中では一番大きいです。

現在、一般的に発売されている片栗粉はジャガイモから精製したデンプンですが、
本来の片栗粉はカタクリから作られるものを呼んでいましたが、原料のカタクリの減少により
ほとんどがジャガイモから作られたでんぷんを便宜上片栗粉と呼んでいます。
ジャガイモの花言葉は「慈善、慈愛」

2.ジャガイモ澱粉の特徴

ジャガイモ澱粉は、トウモロコシから作られたコーンスターチと比較すると粘度は低いものの、
加熱や撹拌しても安定しているため、製紙のノリとしての利用や段ボールなどの接着剤などとして広く利用されています。
家庭料理などでも広く使われており、中華料理のあんかけやカマボコやちくわなどにも使われています。
紅茶に使われている場合は、若干のとろみを演出するために使われており、比較的冬期間に飲む紅茶などに使われています。

3.ジャガイモ澱粉の主な効果/効能/作用

・食欲増進
・リラックス効果
・整腸作用

-ジャガイモ澱粉を含んだ商品例-

Tea total / フルーツティー / レモン シトラス

 

 

Share on Google+
Instagram

コメントを残す