タルトチェリーの効果と効能、作用について

セレンの効果と効能、作用について
2018年3月30日
タンパク質(プロテイン)関連の効果と効能、作用について
2018年3月30日
タルトチェリーは、パイやジュースによく使われる鮮やかな色の「さくらんぼう」です。

外見が美しく、そして甘くてすっぱく美味しいのに加え、
体を健康にしてくれる食べ物として、古くから自然の民間療法にも用いられています。

近年ではアンチエイジングに欠かせない抗酸化作用があり、
また睡眠ホルモンのメラトニンを多く含んでいることも研究されています。
(現在、研究されている食品の中でもっとも多くメラトニンを含んでいるのがタルトチェリーと言われています。)
メラトニンの作用として、非常に強い抗酸化作用があるほか、
人間の体のリズムや催眠ホルモンの調節作用、
美肌、美白効果に有効な色素細胞に対する退色作用などがあります。

さらにタルトチェリーには鎮痛効果のあるアスピリンの10倍の鎮痛作用があることも驚きの効果です。

そのため偏頭痛(頭痛)や、リュウマチ、関節痛や痛風に悩んでいる方にも人気があります。
またアスリートの間でも人気なのが優れたアントシアニンを多く含まれているため、
さらに上記の鎮痛作用があるため、関節などの炎症の鎮静が効果を呼んでおり、
研究者の中にはタルトチェリーが食品の中でもっとも抗炎症作用があるという人もいます。
そのほかタルトチェリーには、鉄分カリウムフラボノイドなども含まれており、
ケンフォロールやケルセチンという抗酸化物質も含まれています。このケンフォロールやケルセチンは、油、水、両方ともに溶けるという性質があるため
摂取する際に体に吸収されやすい物質として注目を浴びています。
さらに、血中の尿酸を体外に排出する働きもあることから
痛風に悩んでいる人にも注目を浴びている食品です。

タルトチェリーの主な効果/効能/作用

メラトニンによる睡眠安眠効果
・メラトニンの抗酸化作用による美肌、 美白、アンチエイジング効果
・血中の尿酸排出による痛風の改善、予防
アントシアニンによる抗炎症作用
・優れた鎮痛作用による頭痛(偏頭痛)、リュウマチ、関節痛や痛風の改善

上記のようにタルトチェリーには、睡眠を促す効果や鎮痛炎症鎮静、
抗酸化作用による美肌、美白、アンチエイジング効果があるため
海外、特にアメリカを中心に注目を浴びています。

タルトチェリーは生もののため、効率よく摂取するにはやはりサプリメントがおすすめです。
摂取しすぎても余分な分は尿として体外に排出されるため、
安心して摂取でき、
特に関節痛や痛風予防、アンチエイジング効果を期待する中高年の方は、
毎日の生活の中に取り入れたいサプリメントの一つと言えるでしょう。