成分語録 – は行

2018年3月30日

ビタミンC(アスコルビン酸)の効果と効能、作用について

ビタミンCは、水溶性ビタミンの一つで、アスコルビン酸と言われます。 水溶性ビタミンには、ビタミンB群が含まれ、ビタミンCの主な働きは、コラーゲンの形成に役立ちます。 このほか、ウイルスや細菌に対する抵抗力・免疫力をあげる働きもあるため、病気から体を守る効果効能があるのです。 そのため、このビタミンCの摂取が不足すると免 […]
2018年3月30日

ビタミンB群の効果と効能、作用について

ビタミンB群は、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン(B3)、パントテン酸(B5)、ビタミンB6、 ビオチン(B7)、葉酸(B9)、ビタミンB12の8種類の総称のことを言います。 ビタミンB群は脳や神経、皮膚といった体全体の健康に保つために不可欠な物質となっています。 それぞれの成分がどのような効果を持っているのか簡 […]
2018年3月30日

ビタミンA(レチノール)の効果と効能、作用について

ビタミンAは、脂溶性ビタミンの一つで、レチノールと呼ばれることもあります。 脂溶性ビタミンには、ビタミンDや、ビタミンEが含まれ、 ビタミンAの主な働きは、目の病気を防ぐ役割があります。 このほか、子どもの成長を促す役割があります。 そのため、このビタミンAの摂取が不足すると目に関する病気を引き起こし、 夜、ものが見え […]
2018年3月30日

ビオプテリンの効果と効能、作用について

ビオプテリンは、補酵素の一つで、ローヤルゼリーの中に含まれています。 ビオプテリンの主な働きは、抗酸化作用があり活性酸素を除去してくれます。 そのため、シミや、ソバカスなどが出来るのを防いだり、ガンの予防をしてくれるのです。 また、このビオプテリンの摂取が不足するとジストニアや、狂犬病などのさまざまな病気と関わっていま […]
2018年3月30日

ヒアルロン酸の効果と効能、作用について

ヒアルロン酸は、ムコ多糖の一つで、体内のいたるところに存在しています。 ムコ多糖は、アミノ酸基質をもつ多糖の総称のことで、 ヒアルロン酸の主な働きは保水力が強く、肌にうるおいを与える役割があります。 そのため、このヒアルロン酸の摂取が不足すると肌に潤いがなくなり、シワの原因になってしまいます。 特に、40歳を超えた時期 […]
2018年3月30日

パントテン酸(ビタミンB5)の効果と効能、作用について

パントテン酸は、ビタミンB群のひとつで「ビタミンB5」とも呼ばれる水溶性のビタミンです。 パントテン酸の由来は「いたるところに存在する酸」という意味で命名されています。 パントテン酸の働きは、脂質や糖質、タンパク質の代謝を助けたり、 体の抵抗力を高めて風邪をひきにくくします。 こうしたパントテン酸は普段の食生活では不足 […]
2018年3月30日

パンガミン酸(ビタミンB15)の効果と効能、作用について

パンガミン酸はビタミン様物質の一つで、ビタミンEに似た働きを持っている栄養素です。 ビタミン様物質には、ビタミンUやイノシトールがあり、パンガミン酸の主な働きは、 抗酸化作用があることから生活習慣病を予防する働きがあります。 そのため、食事に取り入れていくと健康効果を得やすくなります。 パンガミン酸はかつて「ビタミンB […]
2018年3月30日

パルミトレイン酸の効果と効能、作用について

パルミトレイン酸は一価不飽和脂肪酸の一つであり、パルミチン酸から生成される脂肪酸です。 パルミチン酸は飽和脂肪酸に含まれる物質で、 デルタ‐9不飽和化酵素の働きを受けてパルミトレイン酸へ合成されます。 パルミトレイン酸の働きは皮膚の老化を防ぐと言った美容効果があります。 そのため、このパルミトレイン酸が不足すると老化肌 […]
2018年3月30日

パルミチン酸(ヘキサデカン酸)の効果と効能、作用について

パルミチン酸は飽和脂肪酸の一つで、ヘキサデカン酸とも呼ばれる脂肪酸です。 飽和脂肪酸の中にはステアリン酸や、ミリスチン酸、ラウリン酸があり、 これらの飽和脂肪酸が血中の中性脂肪やコレステロール値を増やす働きをしています。 飽和脂肪酸の中でパルミチン酸は抗酸化作用といった働きをします。 そのためパルミチン酸が不足すると、 […]
2018年3月30日

バリンの効果と効能、作用について

バリンは必須アミノ酸の一つであり、BCAA(分岐鎖アミノ酸)に含まれます。 バリンは近年では系統名の「ペンタン酸」という名前で使用されることが多くなっています。 バリンを含むBCAAにはこのほか、ロイシン、イソロイシンが含まれています。 中でも、バリンは1856年に発見され、今日ではバリンの働きが筋肉を強くするアミノ酸 […]
2018年3月30日

パラベンの効果と効能、作用について

パラベンは、防腐剤として利用され、パラオキシ安息香酸という正式名称が使われます。 パラベンは5種類あり、その主な働きは微生物の繁殖を防ぐ役割です。 また、皮膚刺激が少ないため、化粧品などの防腐剤として利用されています。 ただし、パラベンには、アレルギーを引き起こす可能性があるため注意する必要もあります。 しかしながら、 […]
2018年3月30日

パラアミノ安息香酸の効果と効能、作用について

パラアミノ安息香酸はビタミン様物質の一つで、ビタミンB群として扱われることもあります。 ビタミン様物質にはイノシトールやL-カルニチンなどがあり、 パラアミノ安息香酸の主な働きは、髪の毛や肌の健康を守る働きがあります。 そのため、パラアミノ安息香酸には「しわ」を防いだりしてくれる働きがあります。 パラアミノ安息香酸は略 […]
2018年3月30日

バニラ(ヴァニラ)の効能、効果、作用について

1.バニラ(ヴァニラ)とは? バニラは、ラン科のバニラ属の蔓性(まんせい)植物です。 ※蔓性植物とは、他の木などを支えにしながら茎をのばして成長する植物の事。 バニラの原産は、メキシコや中央アメリカとの説が有力です。 現在は、インドネシア、マダガスカル、中国の順で生産量が多く、全世界で約1000万トンが生産されています […]
2018年3月30日

パッションフラワーの効果と効能、作用について

パッションフラワーは、日本ではあまり見かけない珍しい容貌をした花です。 紫色の花びらが、大きな雌しべと雄しべをぐるっと取り囲み、 時計の文字盤と針を連想させることから、 トケイソウとも言われています。 主張の強い独特な外見とはうらはらに、その花、茎、葉とどの部位も、 人の心を和らげてくれる要素を持った優しい植物です。 […]