老化防止にスピルリナ!?老化の原因を減らそう!

スピルリナの美肌効果とは?スーパーフードの効能や栄養素、注目される理由
2018年4月10日
スピルリナの美肌効果とは?美しい肌への再生
2018年4月10日

スピルリナは老化の原因となる「活性化酵素」を減らす効果あり

健康志向と美容の関係の関係性は高いことから、健康と美容効果を底上げする様々な商品が販売されています。
その健康と美容効果を兼ねそろえる商品として、近年注目されている商品がスピルリナです。
スピルリナは日本の沖縄から南の温暖な気候で育つ植物と藻の中間に位置する生き物で、一般的にはアフリカに生息するフラミンゴの餌として食べられていたものです。

フラミンゴの餌スピルリナの絶大な効果

スピルリナはフラミンゴのエサとして食べられていたもので、フラミンゴの毛色がピンク色をしているのもスピルリナの色素が影響しているからです。
これまではフラミンゴのエサとして認知しかなったのですが、ここで一つの疑問がわいたのです。

フラミンゴは鳥類の中でも大型ではありますが、その体を維持する食事は水面に浮かぶ藻しか食べていないことが分かったのです。
そこで水面に浮かぶ藻を調べたところ、その藻の中にはフラミンゴの巨体を維持できる理由が次々と発見できたのです。
フラミンゴが食べていた海面に浮かぶ藻の正体というのは、一般的に知られる海藻類の藻ではなく微生物の集合体だったのです。
その微生物の集合体をより調べると、特筆すべき栄養素がたくさん含まれていることが分かったのです。

スピルリナは微生物の集まりなので体はそのほかの生き物と同じくタンパク質で形成されており、タンパク質は体内に摂取すると筋肉を含む全身の組織の一部として吸収され新しい細胞に作り替える材料となります。
さらにスピルリナは微生物ではありますが体内に葉緑素を含んでいるので光合成をして栄養を作り出します。
そのためスピルリナの中には水中から摂取した多くのミネラルだけでなく、光合成によって作り出した様々なビタミンが含まれているためスピルリナはとても栄養価に優れていることから需要が高まったのです。

スピルリナの呼び名としてのスーパーフード

スピルリナが注目されるようになったのはあるキーワードが世界中で広がったからです。
そのキーワードというのがスーパーフードであり、スーパーフードは食材の中には様々な栄養素が含まれているものですが、その中でもスーパーフードと呼ばれるものは様々な栄養素の中でも特に一つの成分が突出して含まれている食材を意味するのです。

そのスーパーフードの先駆けとなったのがスピルリナであり、スピルリナの緑色をしている体の成分には強い抗酸化作用があることが分かったのです。
抗酸化作用というのは悪性の活性酸素を無害化する力のことです。
人間の体は生きるために吸収した酸素を、肺が全身の細胞に溶け込みやすいように作り変えた活性酸素を作り出します。
肺で作り替えられた活性酸素は良性の活性化酵素と呼ばれ、全身の細胞に送り込まれると活動のスイッチとなり肌の細胞の修復や体温の維持など健康にとって欠かせない行動を手助けしてくれます。
しかし良性の活性酸素には活動期限があり、その活動期限が終われば自然と尿や便そして汗から外に排出されて体からなくなります。

しかし体の排出力が落ちてしまうと役目を終えた活性酸素は体内に蓄積し始めると、今度は役目を終えた活性化酵素に太陽からの紫外線や大腸の悪玉菌の出す酵素が影響して悪性化するのです。
悪性化した活性化酵素は溶け込みやすい性質をそのままにしながら、体内の中に入り込むと健全な細胞に攻撃をして肌の状態を悪くすることで老化現象を引き起こすだけでなく病気のリスクも引き上げてしまいます。

スピルリナの抗酸化作用と美肌効果

肌の老化を促進する原因が悪性の活性化酵素だということが分かったので、逆に悪性の活性化酵素を抑えることができれば年齢を重ねてもきれいな美肌でい続けられることを意味します。
そこでスピルリナの登場です。
スピルリナの体を形成する緑色は葉緑素であり、葉緑素は血液中の鉄分と結びついて良性の活性化酵素を全身に運ぶ手助けをします。
そしてスピルリナは微生物ではありますが植物でもあるので、スピルリナの中には豊富な食物繊維が含まれています。
食物繊維は主に2パターンに分かれ、一つはその名の通りに吸収されずに繊維質になり老廃物に吸着するものと体内で吸収されて老廃物の中に入り込み柔らかくして動きやすくするものがあります。

この2つの食物繊維が十分に含まれていることによって、大腸の老廃物に吸着して外に排出することで現在ある以上に悪性の活性化酸素を生み出す環境を改善し次に血管の中に入り込んで血管の中を漂う悪性の活性か酸素を包み込んで排出する流れを作り出します。
そして体内から悪性の活性化酸素を無害化出来たら、次に光合成によって生み出された豊富なビタミンと水中から吸収したミネラル分が体内を循環することでダメージを受けた細胞を修復することで健康な体を取り戻すことができます。
健康な体を維持できれば、その力が今度は肌の質感の維持に使われるようになり美肌効果に現れます。

肌の老化の原因が悪性の活性化酸素にあることが分かっているので、実際にスピルリナをとることは改善に役に立ちます。
しかし原因が悪性の活性化酸素ではありますが、根本の原因はそれをため込んでしまう体になっていることです。
そのためスピルリナはあくまで肌の状態が悪くなった時の補助のとして考えて、根本の原因である溜めてしまう体を改善することが良いといえます。

スピルリナは「ビタミンB群」が一度に摂取でき美肌効果あり

美肌のためには栄養をバランスよく摂取することが大事ですが、その中でもビタミンB群はトラブルの多い肌の調子を整えてくれる働きがあるので、積極的に摂りたい成分です。
栄養バランスに優れているスーパーフードのスピルリナには、緑黄色野菜を上回るほどのビタミンが摂取できるため、たくさん野菜が食べられない方にも最適な食品になっています。

スピルリナで摂取できるビタミンB群の役割

スピルリナには、8種類のビタミンB群が含まれています。
その8種類とは、ビタミンB1とビタミンB2、ビタミンB6とビタミンB12、ナイアシンとパントテン酸、葉酸とビオチンになります。
摂取した栄養の代謝に深く関わっている成分で、不足するとエネルギーが生み出せなくなるため疲れやすくなることがあります。

口内炎や口角炎ができやすく、皮脂分泌が多過ぎて炎症を引き起こしたりするような場合は、ビタミンB2不足が考えられます。
このビタミンは脂質の代謝に関係しているので、欠乏すると皮膚や粘膜が荒れてしまうのです。
ビタミンB2は藻類に多く含まれている成分ですが、スピルリナには焼き海苔や青のりよりもビタミンB2が多く含まれています。

ビタミンB6はタンパク質の代謝に関わっている成分で、こちらも皮膚の状態を整える働きがあります。
皮膚を構成しているのはタンパク質ですので、不足すると肌質が悪くなってしまい、キメが荒れたり刺激に弱くなることがあります。

パントテン酸はビタミンB5とも呼ばれていて、体内に入るとコエンザイムAという補酵素を構成します。
ビタミンCをサポートする働きもあるので、メラニンの排出やコラーゲンの生成といった美肌効果が期待できます。

ビオチンの別名はビタミンB7になり、炎症を起こしやすい肌を健康な状態に導く働きがあります。
筋肉の痛みを和らげる作用もあり、タンパク質を合成を手助けする役割もあります。

皮脂が多い肌におすすめのビタミンB群

皮脂の分泌量が多い肌は、乾燥肌と同じくらいトラブルが発生しやすい状態です。
皮脂が原因になる肌トラブルで、最も多いのはニキビです。

皮脂は肌の乾燥を防いで、うるおいを保持する役目があります。
しかし分泌量が多過ぎると、毛穴にたまった皮脂によってアクネ菌が増殖してしまい、その結果ニキビが増えてしまいます。
キメの粗さや毛穴の黒ずみが目立ってしまうことも、過剰な皮脂が関係しています。
皮脂が常に出ているようなべたついた肌は、毛穴が広がりやすくなるので肌の凹凸が目立ってきます。
さらに皮脂が酸化して黒くなってしまうと、毛穴のポツポツがひどくなり、まるで苺のような肌になってしまいます。
そして皮脂に老廃物やホコリが混ざることで、余計に毛穴が詰まりやすくなり、ニキビができるという悪循環に陥ってしまうのです。

過剰な皮脂を洗い流そうとして洗顔する回数を増やすと、肌にとって必要な皮脂まで失われてしまうため、肌の乾燥が進み、それを補うためにますます皮脂の分泌量が増えてしまうこともあります。
美肌のためには、外側からのケアも大事です。
しかしその一方で、スピルリナから皮脂の調整に役立つ成分を摂取して、体の中からケアをすることで無理のないスキンケアができます。
皮脂の分泌が過剰になってしまうのは食品の影響が強いので、野菜不足解消のためにスピルリナを活用してみましょう。

巡りを良くすることも美肌づくりの条件

美肌づくりの条件で欠かせないのは、肌に必要な栄養を摂取することと、体の中の毒素を排出することです。
摂取した栄養を細胞の隅々まで届けるためには、血液の巡りを良くすることも重要になり、血液の質を高める成分も必要になります。

スピルリナに含まれているナイアシンには、血液の流れを促進する働きがあり、肌の健康を保つためには欠かせない成分です。
血液の巡りが良くなると、新陳代謝が促進されて健康的な状態になりますが、血行不良になると顔色が悪くなって肌がくすんで見えることがあり、老廃物が速やかに排出されなくなるので、細胞が老化しやすくなる傾向があります。
ですから、マッサージをしたり体を温めたりすることは、血行を促進する効果があり、肌をキレイに保つことにつながります。

しかし血液の質が悪かったり、量が少なかったりすると、いくら血行を良くしても十分な効果が得られない可能性があります。
スピルリナに含まれている葉酸は、ビタミンB12と一緒に赤血球を合成している成分です。
葉酸には細胞分裂をサポートする働きもあり、肌の生まれ変わりを促進するために必要な成分です。
これらの成分は他の食品にも含まれているのですが、調理している間に成分が水に溶け込むことや、加熱処理で失われてしまうことがあります。
煮込み料理はスープも一緒に飲む、加熱しないで生で食べる、などそれぞれの成分の性質を踏まえて工夫すると摂取しやすくなります。
スピルリナは調理で使用することは少ないので、効率的に成分を吸収できます。

スピルリナにはビタミンB群が多く含まれているため、食生活の偏りを解消するのに最適な食品です。
スピルリナにはビタミンやミネラルの他にアミノ酸や脂質も含まれているのですが、ビタミンB群はこれらの成分の代謝を助ける働きもあるので、成分の吸収がスムーズになります。
スピルリナはキレイな肌を育てるための成分の種類が多いので、肌トラブルの解消につながる食品です。

スピルリナの「ビタミンE」がシミの予防に有効

スピルリナに含まれているビタミンEは、肌を若返らせる効果が期待できることから、エイジングケアに役立てられている成分です。
シミの対策にも使えるため、色白で透き通るような美肌を目指したい時に最適な成分です。
強い抗酸化作用を持っていて、他の抗酸化成分を一緒に摂取することで、美肌効果をさらに高めることができます。

天然成分を含んだスピルリナ

ビタミンEには食品に含まれている天然成分の他にも、人工的に作られた合成、天然に近い形で作られた天然型がありますが、体内で活躍するパワーが最も強力なのは天然成分です。
スピルリナに含まれているのは、もちろん天然の成分ですので、合成成分よりも体に対する効果が高くなります。
シミの予防に一番有効なのは紫外線対策になり、抗酸化作用のある成分には紫外線で増えてしまう活性酸素を抑える働きがあります。
活性酸素は体にとって有害な物質を除去するために存在しているのですが、必要以上に増えてしまうと正常な細胞まで攻撃対象になってしまいます。
そのため、活性酸素を増やす原因になる紫外線をブロックして、抗酸化作用のある成分を摂取することは、細胞の劣化を抑えるために欠かせません。

ところが、活性酸素を抑えきれなくなって細胞がダメージを受けてしまうと、今度は肌細胞を守ろうとしてメラノサイトが活発になります。
ダメージを受ける状態が当たり前になると、僅かな刺激に対してもメラニン色素を生成するようになるので、色素がどんどん増えてしまうのです。
弱った肌はターンオーバーのサイクルが乱れてくるため、肌にたまったメラニン色素が排出できなくなり、そのまま色素が沈着してシミになってしまいます。
ですから、スピルリナに含まれている抗酸化成分で内側から活性酸素を除去することは、美肌を作るための有効な方法になります。

血行を促進してくすみを解消

スピルリナに含まれているビタミンEには、毛細血管を拡張する働きがあります。
血行が悪くなると新陳代謝が衰えてくるため、不要な成分が排出できなくなり、肌に色素が沈着してしまう原因になります。
体が冷えやすく、目のクマが頻繁にできるような場合は、血液の流れが悪くなっていて色素が沈着しやすくなっている可能性が高くなります。

毛細血管は食事の偏りによる栄養不足や年齢の変化により脆くなってくるため、肌に必要な栄養が届けられなくなることがあります。
肌を構成するための成分が届かないと、ハリや弾力を生み出す成分が生成できなくなるため、肌の衰えが加速してしまいます。

ビタミンEは細胞膜の脂質に含まれている成分で、細胞を酸化から防いで血管の若さを保つ働きがあります。
血管を収縮させる神経伝達物質を抑える働きがあるので、ストレスや疲れなどで自律神経が乱れている時に効果を発揮します。

明るく透明感のある肌を目指すためには、肌の血行を促進することが秘訣になります。
毛細血管やリンパ管は老化しやすい部分ですので、損傷を受けると栄養が届かなくなるばかりでなく、排出しなければいけない老廃物まで肌に残ってしまいます。
肌に余計な物質が残っていると、全体的にくすんでトーンを暗くしてしまうため、スピルリナの抗酸化成分で活性酸素のダメージから肌を守りましょう。

スピルリナでホルモン分泌に与える影響

ビタミンEが肌の若返りに欠かせない成分と呼ばれている理由は、抗酸化作用だけではありません。
実はこの成分は、女性ホルモンの分泌に役立つ働きもしています。
脳下垂体は成長や機能維持に必要なホルモンの分泌を担っている部分であり、卵巣に働きかけて女性ホルモンの分泌を促します。
スピルリナに含まれているビタミンには、これらの細胞を強化して機能を安定させる働きがあるため、ホルモンバランスを整えることに繋がります。

女性ホルモンのエストロゲンは美しい肌を育てる作用があり、分泌量が低下してくると、肌の色つやが悪くなり、ニキビなどの肌トラブルが多くなります。
エストロゲンは髪や体型にも影響を与えるホルモンなので、美容全般に影響が出てしまいます。
シミの一種で頬のあたりにできる肝斑は、女性ホルモンが原因と考えられています。
肝斑は若い世代や高齢になってから発生することは少なく、30代から40代にかけて発生しやすくなります。
左右対称にできるという特徴があり、ピルの服用やストレスなどでホルモンバランスが崩れた時にできやすくなるとされていて、2つの女性ホルモンのうち、プロゲステロンが原因になっていると考えられています。
エストロゲンやプロゲステロンはどちらかが多ければ良いというものではなく、生理周期に応じてそれぞれが増減を繰り返しているので、スピルリナに含まれている成分を利用して、自然な形でホルモンバランスを整えていくと、体にかかる負担が少なくなります。

スピルリナには抗酸化作用のあるビタミンEが含まれていて、相乗効果が期待できる抗酸化成分も同時に摂取できる食品です。
女性ホルモンのバランスを整える働きもあるので、紫外線によるシミだけでなく、女性ホルモンが関係しているシミに対しても適しています。
年齢の影響が出やすくなった肌や、ダメージを受けやすくなった肌は色素が沈着しやすいため、スピルリナの成分を美肌ケアに役立ててみましょう。

スピルリナの「フィコシアニン」がシワの予防に有効

スピルリナは豊富な栄養素を含んでいることはもちろん、吸収率が非常に高いことが特徴です。
藻類は健康や美容に良いと言われていますが、スピルリナは中でも製造コストが低いため、安く購入できるというメリットもあります。
美肌効果もありますし、シワなどの肌トラブルで悩んでいる人にもおすすめです。また、ダイエットにも役立ちます。

美肌効果を実感できる

スピルリナは美肌効果を実感したい人やシワを改善したい人、便秘を解消したい人、アレルギー症状を緩和したい人などに向いており、美容に気を使っている人から注目を集めています。
スピルリナは水分を含むと膨らむという性質があるため、食前に飲用すると少ない食事の量でも満足できるようになります。
また、食物繊維が豊富なので腸内環境を整える効果もありますし、便秘の解消効果も期待できるでしょう。

腸内環境は肌の調子とも密接な関係にあることが分かっており、肌荒れやシワなどで悩んでいる人にもおすすめです。
皮膚や粘膜を保護する効果のあるβ-カロテンが含まれており、肌荒れやニキビを改善することで美肌へと導いてくれるでしょう。
また、ビタミンEやフィコシアニンには抗酸化作用があるため、シワの予防にも効果的です。
アレルギー症状を緩和する成分も含まれており、花粉症やアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎などで悩んでいる人も積極的に摂取していくと良いでしょう。
また、女性は貧血になりやすいと言われており、鉄分の摂取を心がけている人もいるかもしれません。
スピルリナには鉄分だけでなくクロロフィルやビタミンB12なども含まれており、貧血の改善にも役立ってくれるでしょう。
さらに生活習慣病の予防にも効果が期待できますし、継続して摂取していくのがおすすめです。

フィコシアニンという成分とは

フィコシアニンはスピルリナなどの藻類に含まれる色素タンパク質のことであり、主に抗酸化作用があります。
それによって生活習慣病の予防ができますし、健康的に生活を送りたい人におすすめの栄養素と言えるでしょう。
フィコシアニンはスピルリナに独特の成分として知られており、免疫力を高める効果や肥満予防などの効果を期待できます。
そのためダイエットをしたい場合もスピルリナを摂取していくと良いでしょう。

フィコシアニンは生活習慣病を防ぐだけでなく、シミの予防や風をひきにくくする作用、炎症を抑える作用などもあります。
さらにデトックス効果もありますし、有害物質を体外へと排出してくれるでしょう。
フィコシアニンは過剰摂取しても副作用が起こってしまうことはないと言われています。
しかし、たくさん摂取しても効果がアップするわけではありまえんし、スピルリナから摂取する場合は1日当たり3~6g程度で良いでしょう。
スピルリナはそのまま摂取することが難しいため、サプリメントを利用するのがおすすめです。
サプリメントだと簡単に摂取することができますが、用法用量を守って正しく摂取していきましょう。
日常の食事からさまざまな栄養素をバランスよく摂取することは難しいです。
特に男性の場合は自炊をあまりしない人もいるでしょうし、仕事などで忙しいので加工食品やファストフードばかり食べてしまう人もいるでしょう。

栄養素を補給するなら

普段の食事から十分な栄養素を摂取できていないという場合、スピルリナを利用するのがおすすめです。
スピルリナは5大栄養素を全て含んでいることが特徴であり、全て一緒に摂取することができます。
また、無理なダイエットなどで不足しやすい9種類の必須アミノ酸を含んでいることも特徴であり、効率よく栄養素を補っていくことができます。
もちろんスピルリナだけで生きられるわけではありませんし、あくまで健康補助食品としてスピルリナを利用するようにしましょう。

スピルリナは約95%という非常に消化吸収率を誇っていることも特徴です。
普通の植物のような細胞壁を持っていないため、効率よく栄養素を利用することができるでしょう。
また、スピルリナには植物性のタンパク質が含まれており、動物性タンパク質よりも素早く体内に吸収できるというメリットもあります。
また、水分によって膨らむという性質があるため、空腹時や食事の1時間~30分前に摂取するのがおすすめです。
お酒を飲みすぎた時の二日酔い対策にも効果的ということですが、その場合はお酒を飲んでから30分以上時間を置き、就寝前にスピルリナを飲むと良いでしょう。
成分が二日酔いの症状を軽減してくれますし、翌日はすっきりとした状態で起床することができます。
スピルリナには特に副作用などはありませんし、安心して摂取することができるでしょう。

スピルリナはサプリメントを利用して摂取することが多いのですが、粉末タイプと錠剤タイプという2つの種類があります。
摂取しやすいのは錠剤タイプであり、他のサプリメントと一緒に飲んでも良いでしょう。
スピルリナにはさまざまな栄養素が含まれているということですが、値段も安いので購入しやすいというメリットもあります。

Share on Google+
Instagram

コメントを残す