ブログ

2018年7月7日

ルイボスティーが毛細血管のゴースト化を防ぐ!

    先日、放送された「ゲンキの時間」にて毛細血管のゴースト化を取り上げておりましたね! 毛細血管のゴースト化とは 人間の血管の99%に及ぶのが毛細血管。 その毛細血管の血管壁の細胞が落ちてしまいうまく血液が流れない状態を言います。 そうなると、もちろん日々の必要な栄養素、酸素も、ホルモンもうまく […]
2018年7月3日

お客様の声、ボーナスポイント当選者さまのお知らせ

今回からSNSではなく、こちらのブログにて毎月のお客様の声へのご投稿していただいた方への ボーナスポイント当選者さまをお知らせしていきます。 今回は、 ・はるかさま 2018年6月23日 【福箱】 Happy Box 数量限定商品 いつも素敵な商品をありがとうございます。10000円以上するプラセンタは必ず入って、ほか […]
2018年7月1日

マヌカハニーセール キャンペーン!本日、最終日となります。

6月の店長の気まぐれセールにて開催したマヌカハニーセール  キャンペーン、本日の終了となります。 原価割れ赤字価格でのご提供もしてみましたので 多くの方がまとめてお買い物を楽しんでいただけています。 ありがとうございます。 マヌカハニーは食べるだけでなく、マヌカフェイスパックなども楽しめますし、 ニキビが出来たら、ちょ […]
2018年6月30日

プロポリスは何歳から飲める?子供にあげても大丈夫?

毎日を健康に過ごしたいと願うのは誰しも望むことではありますが、しかし実際に1年を病気せずに過ごせる確率というのは少ないです。 その過ごせなくなる確率を飛躍的に高めてしまうのがウイルスの存在であり、ウイルスはそのほかの生物に寄生していた細菌が何らかの出来事で排出され生き延びるために別の宿主に入り込んで変異し害となることで […]
2018年6月30日

プロポリスで育毛!?髪とプロポリスの関係

プロポリスとは、蜜蜂が樹木から収集した樹脂に、唾液や蜜蝋などの分泌物を混合することにより生成される物質です。 具体的な含有成分は、蜜蜂や原産地の樹木の種類によって異なりますが、アミノ酸やビタミン、ミネラルやフラボノイド(flavonoid)などの天然成分です。 中でも、フラボノイドは実に40種類以上も含まれており、免疫 […]
2018年6月30日

プロポリスで腸内環境を整え、美肌を手に入れちゃいましょう!

プロポリスに含まれる主な成分と効果とは? プロポリスはミツバチが様々な樹木から集めてきた樹脂を、ミツバチが唾液とともに噛み続けワックス状の塊にしたものです。 ミツバチはこれを巣の補強や巣の中の通り道を狭くして外敵の侵入を防いだり、内部の温度を一定に保ったりします。 なかでも一番の目的は巣の中を無菌状態に保つことにありま […]
2018年6月30日

プロポリスがつらい花粉症にも!プロポリスと花粉症やアレルギーの関係は?

花粉症のメカニズムと対策 近年、花粉症(すぎ、ヒノキ、ブタクサ)に悩まされる患者が増加の一途をとどっています。 日本人の3~4人に一人はなんらかの花粉症を患っているといわれています。 花粉が一番多く飛散する時期には、くしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみといった症状に悩まされています。 特にスギ花粉症の患者が最も多くなっ […]
2018年6月30日

美肌を手に入れるためのケア方法をさまざまな視点からご紹介

夜更かしでサボってしまったスキンケア…朝ケアで取り戻す! ついつい夜更かしでサボってしまったスキンケアもまだ手遅れではありません。 朝ケアのスキンケアでちょっとした一工夫することでそのサボってしまったスキンケアを取り戻すことができます。 美肌の秘訣はスキンケアが握っています。 いつもの朝のスキンケアとサプリメントケアの […]
2018年6月30日

ローヤルゼリーのデセン酸は皮脂量を抑えて美肌になれる

ローヤルゼリーに含まれている栄養素の中でも、特に美肌効果に高い栄養強を与えるとして注目されている栄養成分が「デセン酸」です。 このデセン酸はローヤルゼリーにしか存在しない特別な成分で、主に皮膚の皮脂量のコントロールなどを担ってくれる効果があり、肌がテカりやすい方や肌が乾燥しやすい方の肌質を整えて、適度に潤ってしっとりと […]
2018年6月30日

トンカットアリでホルモンを増やし、フェロモンも上げる。そして妊活にもおすすめな理由

トンカットアリで男性ホルモンを増やす 男性ホルモンを増やすことで男性にとっては良い効果を期待できるのですが、精子量が増えることで妊娠の可能性を高めることができます。 男性ホルモンの分泌量が減ってしまうと精子量は少なくなってしまいますし、精子自体の質も悪くなってしまいます。   しかし、男性ホルモンの量が多けれ […]