ブログ

2018年3月30日

シュウ酸の効果と効能、作用について

シュウ酸は、有機酸の一つで、ほとんどの食品に含まれています。 シュウ酸には、水溶性シュウ酸と、不溶性シュウ酸があります。 有機酸にはクエン酸や、リンゴ酸が含まれ、 シュウ酸の主な働きはカルシウムイオンと強く結び付き、毒性となる恐れがあります。 そのため、なるべく摂取を控えることが大切となります。 シュウ酸は1776年に […]
2018年3月30日

ジャガイモ澱粉(デンプン)の効果と効能、作用について

1.ジャガイモ澱粉とは? ジャガイモ澱粉(でんぷん)とは、ジャガイモからデンプンを精製した物です。 ジャガイモから作られるでんぷんにはアミノロースが20%前後含まれていて、 粒の大きさは、一般的に販売されているでんぷんの中では一番大きいです。 現在、一般的に発売されている片栗粉はジャガイモから精製したデンプンですが、 […]
2018年3月30日

システインの効果と効能、作用について

システインは、非必須アミノ酸の一つで、メラニン色素を抑制するアミノ酸です。 この非必須アミノ酸には、グルタミン酸や、アスパラギン酸が含まれ、 システインの主な働きは活性酵素を排除し、老化を防止したり、シミやそばかすを防ぐ役割があります。 そのため、このシステインの摂取が不足するとシミやそばかすが出来やすくなるほか、 ガ […]
2018年3月30日

シアバターの効果と効能、作用について

シアバターは植物性脂肪の一つで、シアーバターノキから生成される物質です。 シアバターの主催分は、ステアリン酸と、オレイン酸となっています。 また微量ながら、トコフェロール(ビタミンE)や、カロチノイド、トリテルペンも含まれています。 シアバターは、常温では固形となっており、肌に塗ると体温で溶け込むという特徴があります。 […]
2018年3月30日

サルフェート(硫酸塩)の効果と効能、作用について

サルフェート(硫酸塩)は、ミネラルウォーターなどに含まれ、 マグネシウムなどと硫酸基が結合してできた成分です。 サルフェートの主な働きは、デトックス効果があり体内から有害物質を排除する役割があります。 そのため、サルフェートを摂取していると、 体内の水銀やアンモニアなどの毒素を体外に出してくれるため、病気を防いでくれる […]
2018年3月30日

サメ肝油関連の効果と効能、作用について

・サメ肝油(その1)について ・サメ肝油(その2)について ・スクアレン(スクワレン)について ・炭素鎖27の効能、効果、作用について ・ステアリドン酸(モロクチン酸)について ・飽和脂肪酸 について ・ミリスチン酸について 【メニューに戻る】
2018年3月30日

サバの効果と効能、作用について

サバは、スズキ目・サバ科のサバ属に含まれる小型魚です。 サバには、マサバや、ゴマサバなどが含まれ、 サバにEPA(エコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)などの不飽和脂肪酸が多く含まれています。 そのため、血中の悪玉コレステロールや中性脂肪を減らしてくれたり、 生活習慣病を改善してくれる働きがあります。 &n […]
2018年3月30日

サクランボの効果と効能、作用について

1.サクランボとは? サクランボとは、バラ科のサクラ属に属する科術で、実桜の果実である。 サクランボの木の事を桜桃(おうとう)といい、果実をサクランボと言い分けています。 ちなみに、花を観賞するのがメインのサクラでは実が大きくなりません。 サクランボの原産地は系統によって数種類あり、アジア西部や東南アジア、カスピ海沿岸 […]
2018年3月30日

コルダリスの効果と効能、作用について

コルダリスは、日本ではエゾエンゴサクと呼ばれています。 青い花びらが美しい可憐な花で、観賞用としても愛されています。 中国では長く薬草として漢方薬に使用されており、 血圧を低める、血行を良くするなど、健康に役立つ植物として重宝されています。 身体の痛みを和らげ、うつうつとした心をなぐさめ、 人を優しい眠りに誘う性質を持 […]
2018年3月30日

コラーゲン関連の効果と効能、作用について

・コラーゲンの効能と効果、作用について ・海洋性コラーゲン(マリンコラーゲン)について 【メニューに戻る】